FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)

忍流

ストーリー
時は戦国。東の島国では戦乱の世に暗躍する忍者集団(忍衆)は複数存在した。
そのうちの一つ、水玄衆(すいげんしゅう)なる忍衆は弱体化が進み、崩壊の危機を迎えていた。

そんな水玄衆の長となったのが、主人公・影虎。
忍者としての才能は皆無だが、集団の運営能力と、敵方の女を寝返らせる事に関しては天才的だった。

彼を中心に弱体化した水玄衆を復興し、荒れた戦乱の世を治める為に奮闘していく。


 せっかく出されている説明をよく読まずにゲームをプレイし、体験版でありながらゲームオーバーをしてしまうという失態を犯してしまった「王賊」から、約二年。

 ソフトハウスキャラの新作ソフト「忍流」体験版が公開された。

 もちろん、リベンジするためにダウンロードしたが、始める前に、ホームページにある体験版の進め方を熟読。

 ソフトハウスキャラはゲーム性が高いが、慣れるまでちょっと難しい・・・。

 「王賊」も最初はクリアーできなかったが、内容を理解すると意外と簡単にクリアーできた。勝負の分かれ目は、ゲーム内容の把握である。

 「忍流」のジャンルはエロゲーで初となる、忍者の里経営SLGとなっている。簡単に説明すると、潰れそうな忍者の里を頑張って復興させるゲームだ。

 もちろん、体験版に入っているゲームの進め方もしっかりと読んで頭に叩き込んだ。

 万全の状態で、ゲームスタート!

 体験版では最初から30ターンが終了するまで、プレイすることができる。

 あれだけゲームの進め方を読んだにもかかわらず、何から始めれば良いのかわからなかったので、配下の忍者に適当に任務をあたえてレベルを上げる。

 配下の忍者さえ死ななければ良いと思っていたが・・・。

 ついに、運命の23ターン目。

 自分の里に敵忍者どもが、攻めてきたっ!

 里の周りに罠を仕掛け、忍者どもを始末していく。ただ、よっぽどの上忍だったのか、一匹だけ罠を回避して、中央の館に侵入を許してしまった。

 そして、せっかく貯めていたお金を盗んで帰っていった。たかが、お金だと思っていたが、所持金が0になってしまい、ゲームオーバー・・・。

 まさか、体験版で「王賊」に続き、「忍流」でもゲームオーバーになってしまうとは・・・。あんなに、ゲームの進め方を読んだのに・・・。

 とりあえず、気を取り直してプレイしたが、二回目と三回目もゲームオーバーになり、四度目の正直。

 近場のライバル「多木衆」をつぶすことに成功した。ゲームをプレイし始めて、二時間以上かかったけど、やっとプロローグ以外のHシーンに突入っ!

 と思ったが、まだ開発中のため、Hな画像の変わりに「すみません、まだできていません。」と謝罪文が載せられていた。

 ・・・くそっ・・・。二時間以上もかけて頑張ったのに・・・。Hシーンがあると思ったから、何度もゲームオーバーになっても諦めなかったのに・・・。

 正直、一番ショックだったぞっ! わりとマジで!

 最大のご褒美は製品版へ持ち越しとなったが、捕まえた「多木衆」の「ホタル」が仲間になると、戦力がいっきにアップする。

 今までの配下のレベルがだいたい2から3ぐらいだが、「ホタル」のレベルは加入時になんと15!

 しかも、ターンが経過すると「ホタル」の元部下「はち」と「かげろう」が仲間になる。こいつらも「ホタル」と比べると弱いが、加入時のレベルは5。

 さっきまで色々とこき使っていた、ゲーム最初からいた配下の三人は全員補欠送りだっ! 今までありがとね!

 そして無事30ターンが終了し、体験版をクリアーした。

 一応、全部で七週してみたが、勝負は序盤だと思う。里に敵が攻めてこないときは、30ターンぐらいわりとあっさり生き残ることができるが、いきなり攻めてくるとこれもあっさりとゲームオーバーになってしまう。

 「ホタル」を仲間にできる所まで行ければ、配下の忍者に余裕が出てきて、任務を遂行しながら自分の里も守らせることができる。

 とてもランダム要素が強いゲームシステムだが、かなり面白かった。どちらかといえばHシーンよりも、システムに力を入れているゲームだと思う。

 いつも通りのソフトハウスキャラのゲームだと思うので、過去の同メーカーの作品が好きなら迷わず購入してよいと思う。

 ただ、2009年12月はライバルいっぱいなんだよなぁ・・・。宝くじで三億円当たったら、スケジュール表の上から下まで全部購入なんて荒業ができるのにっ!

B002R8LB5Q
忍流

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

美乳淫妹 遥「私にイヤらしいコスプレさせるなんて……この変態!」

ストーリー
――理想的な美乳の持ち主のツンツン妹 全てを手に入れデレさせたい――

主人公は、両親の都合で妹の遥と二人暮らしをしており、学校では、教師も一目置く『学友会風紀委員長』。
その一方で、おっぱいフェチでコスプレ好き(させる方)の一面を持っており、学校では徹底的に隠してはいるものの、家の自室にはコスプレ衣装がズラリと揃っている。
家では学校とはまるで違う変態的な兄を、遥は嫌悪しており、学校以外では、悪態を吐いたり手が出てしまうこともしばしば。

そんなある日、遥は掃除中に兄が出したゴミの中からオナニー処理のティッシュを発見する。
嫌悪しながらも好奇心でニオイを嗅いでしまい、本人も意識せずちょっとだけ発情してしまう。
その様子を主人公が見てしまい、妹が精液で発情するのではと思い、弱味を握って少しは自分の言うことを聞かせようと考える。

そして……、素直なエロ可愛い妹にするべく行動開始するのだった。


 群雄割拠のエロゲー市場に、処女独占系ブランドというコンセプトで、また新たなメーカーが殴りこみをかけてきた。

 新たな挑戦者の名は「CROSSOVER(クロスオーバー)」!!!

 注目の第一弾タイトル「美乳淫妹 遥「私にイヤらしいコスプレさせるなんて……この変態!」の体験版を、さっそくプレイしたみた。

 体験版はゲームプロローグ部分のみで、一本道で話が進んでいく。

 「ツンツン妹にヤリタイ放題フェチエッチでデレさせるADV」というやけに長いジャンル名の通り、主人公の妹でメインヒロイン「市ノ瀬 遥 (いちのせ はるか)」とのHが二回楽しめた。

 どうやらメーカーが「妹の美乳とコスプレ」にスポットを当てているらしく、一回目は自分の部屋で制服姿でのH、二回目は学校のシャワー室で競泳水着でのHと、コスプレメインで楽しめる。

 しかも、二回ともせっかくのコスプレ衣装を脱がして全裸にすることなく、半脱がしで止めておくなど、製作者は本当にわかっているっ!!!

 体験版では無かったが、妹「市ノ瀬 遥 (いちのせ はるか)」の他に、妹の友達「文野 琴美 (あやの ことみ)」、主人公のクラスメート「高坂 秋穂 (こうさか あきほ)」、主人公の担任教師「美岡 涼子 (みおか りょうこ)」ともHできるみたいだ。

 ただ、やっぱりメインは「市ノ瀬 遥 (いちのせ はるか)」なので、購入を考えている人は、この妹ヒロインに萌えるか萌えないかで判断したほうが良いと思う。

 個人的には、気の強そうにつり上がった目が好きなので、全然OK。妹系のキャラは、貧乳が多いが、スタイル抜群なのも良い感じ。

 しかもHシーンでは、「市ノ瀬 遥 (いちのせ はるか)」が主人公の淫らな命令に合わせて、コロコロと表情を変化させる。

 公式ホームページを見る限り、全てのエロボイスが完全無修正らしいので、実用性も高そうだ。

 製品版では、変態な主人公を嫌がる妹が、だんだんと快楽に溺れていき、Hに対して貪欲になっていくストーリーに期待かな。

 日本では絶滅寸前のトキと並んで、希少価値の高い気の強くて可愛い妹を、自分の好みにする過程を楽しみたいのならオススメ。

※体験版を実行するときに、アプリケーションエラーが出る場合、公式ホームページに回避の仕方が載っているので、参考にして欲しい。

B002MCYXV6
美乳淫妹 遥「私にイヤらしいコスプレさせるなんて……この変態!」

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

ギリギリ☆すくーぷ2 ~潜入!!禁断のチアリーディング部~

ストーリー
バイブ挿入!? 宇宙人!? 夜中の徘徊!?

夏休み直前に、我らが新聞部部長、鈴村晴夏が
「チアリーディング部に潜入するわよ!」と言いだした。
昨年夏の、水泳部潜入のときと同じ、うむを言わせぬ勢いだ。
晴夏は髪をのばし、多少は女性らしくなったのか……とも見えたが、やはり相変わらずの独裁ぶりだ。

うちのチアリーディング部は超美少女ぞろいで、男子に絶大な人気を誇っている。
水泳部と同様にアイドル的人気があるが、現在、美少女レベル的にはチア部の圧勝らしい。
すごいのは見た目だけでなく、実力もあり、去年は惜しくも全国2位! というから驚きだ。
なんでも今年は一か月後の全国大会に向けて猛練習中で、全力で優勝をねらっている、とのことだ。
しかし晴夏の狙いは、どうもそこではないようだ。チア部の中でもトップクラスの美少女たちに、妙なウワサが流れているという。

・キャプテンが、チアの練習時に極端なほど大量に汗をかく。
 妙にうっとりとした表情もしているし、バイブでも挿れているのではないか。

・スーパールーキー姉妹が、双子にしても息が合いすぎている。
 宇宙人かなにかなのではなかろうか。

・顧問の先生が、夜中に不自然に校内をうろついていることがある。
 なにか悪いことでもたくらんでいるのではなかろうか。


これらのウワサの真相を暴き、面白おかしく書きたてよう、というのが晴夏の真の狙いらしい。
あまり下世話なことはしたくないのだが「美少女たちの秘密」という甘美な響きの魅力にはやっぱり逆らえない!


 前作は水泳部に潜入したが、今回のメインとなる部活はチアリーディング部だ。潜入と言っても、ちゃんと部員や指導担当の先生に許可は取っているんだけどね。

 体験版ではチアリーディング部に潜入するまでのプロローグと、密着取材一日目までをプレイできる。

 ゲームシステムはとてもシンプルで、コマンド選択方式のアドベンチャーゲーム。

 午前と部活終了後の二つのパートに分かれている。午前中はチアリーディング部の部室にこっそり隠れて着替えを盗撮したり、噂に関する情報を集めたり下準備をするパートだ。

 「聞き込み」、「更衣室に侵入」、「練習風景を撮る」を選ぶことができたが、体験版ではどの選択肢を選んでも、変化は無かった・・・。

 そして部活終了後はお待ちかねの、取材タイム!

 キャプテン「緑里 郁美 (みどりさと いくみ)」、双子のルーキー「香坂 美紗 (みさ)/理紗 (りさ)」、コーチ「恩田 今日子 (おんだ きょうこ)」から、選択して取材開始。

 しかし、いきなり噂の確信にせまると疑われるので、世間話からスタートする。体験版では、マジで普通の世間話で一日が終わる・・・。

 ただ、世間話中に出る選択肢をうまく切り抜けると、話の流れをいきなりぶった切って、Hシーンが始まった。

 ストーリーが無茶苦茶になったが、エロゲー体験版として使命を真っ当するために、無理やり入れたんだろうと思う。これは好意的に解釈しよう。

 もし製品版でも、ストーリー関係なくHシーンが始まったら笑える。

 数回体験版をプレイしてみたが、可も無く不可も無く、普通のエロゲーだった。ただ、ストーリー重視じゃなくエロ重視なら、選択肢の数をもっと減らし簡単にしても良かったと思う。

 一応、学園内でチアガールとのHを売りにしているみたいだが、それだけではちょっと弱いかな。Hできるチアガールは三人しかいないし、どうやら双子は二人で一セットだから実質二人。

 発売日は2009年11月27日になってるけど、その日はエロゲーが20本以上も発売される激戦区。

 そんな中で、このソフトを手に取るかと言われれば、ちょっとパスするよな・・・。来月だって、「アリス2010」や「愛佳でいくの!!」などの大作ソフトが目白押しだ。

 エロゲー戦士に休息は無い!!!

 チアガールとのHのためなら死ねる人以外は、スルーで良いんじゃないかなぁ・・・。

B002JIM6Z8
ギリギリ☆すくーぷ2 ~潜入!!禁断のチアリーディング部~

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

クロウカシス 七憑キノ贄

ストーリー
東北地方の山村・七月村。
この地に語り継がれている奇妙な伝承を調べるために東京の大学からふたりの学生がやってきた。
吹雪に見舞われて遭難しかけたふたりは、この地域を統べる七月家の次女・紅緒に助けられ、『七憑館』と呼ばれる黒塗りの洋館へと招かれる。

折りしも七月家では奇妙な結婚式が執り行われていた。
新婦が棺の中に入って一晩無事に過ごし、朝を何事もなく迎えられれば晴れて婚姻は成立するのだが――

――何者かの殺意が、結婚式を破壊した。

被害者を含め、関係者は十名。
それにふたりの闖入者が加わって――

退路のない陸の孤島で、惨劇の夜が明ける。


 「クロウカシス 七憑キノ贄」はエロゲー市場ではかなり珍しい、推理アドベンチャーゲームである。

 最近では、家庭用ゲームでもほとんど見なくなったジャンルだ。昔は「かまいたちの夜」とか「クロス探偵物語」とか、面白いゲームがあったのに・・・。

 ジャンルも珍しいのだが、体験版の仕様も珍しい。普通なら、ゲームの雰囲気を伝えるために最初からある程度までプレイできたり、ゲームの面白いところを抜粋して体験版が作られる。

 しかし「クロウカシス 七憑キノ贄」の体験版は、製品版に収録されるより前の話で、体験版独自の内容となっている。

 と言っても体験版は、主人公とその先輩の「切原 想子(きりはら そうこ)」が、事件の舞台となる「七憑館」に到着し最初の殺人事件が起こるまでプレイできる。

 おそらく、製品版は最初の事件が起こった後の推理パートからできるのかもしれない。

 体験版をプレイした感想は、ひさびさの正統派本格推理アドベンチャーだと思った。

 雪山の僻地に建てられた怪しげでいわくつきの黒い館に、ちょっとした手違いで迷い込んでしまった主人公。

 そんな「七憑館」に集まる一癖も二癖もある登場人物。そこで行われる、昔からの習慣に則った不思議な結婚式。

 そして、幸せな結婚式から一変して、いきなり行われる殺人事件。

 殺人事件とリンクしてなぜか電話が使えなくなり、館と外の世界を結ぶ唯一の道だった吊り橋が無くなって外部に助けを求められなくなるなど、ちゃんと推理小説好きのツボを押さえている。

 ストーリーにはかなり期待できそうだ。

 ただ、一つ気になったのは館内を自由に移動できるアドベンチャーパート。本当に自由すぎて、何をして良いのかさっぱりわからなかった。

 一応、館の地図があるが、表示されるのは主人公の顔のみ。どの部屋にどのキャラクターがいるのか、全くわからない。

 しかも時間制限があるため、最初にプレイしたときは誰とも会わずに終了してしまった。

 二回目でやっと登場人物に会えたが、会話の内容も自由度が高すぎる。会話する方法は、まず話す内容のキーワードを選択して行う「キーワード会話」が採用されている。

 そのキーワードもかなり多いのだ。もちろん、会話にも時間制限があるため、上から順番に総当りという昔の推理アドベンチャー方式が使えない。

 会話に必要なキーワードだが、アドベンチャーパートで色々な場所を調べることで、さらに増加する。体験版では自分に割り当てられた部屋の窓を調べると「歌声」のキーワードが取得できた。

 時間制限がある中で、必要な情報を手に入れて、登場人物に質問しながら犯人を推理していく・・・。

 難易度が高すぎる気がする。

 このタイプのゲームは、一回や二回のゲームオーバーは覚悟しているけど、クリアーできるのかちょっと心配だ。

 ゲームオーバーになったときに、攻略のヒントみたいな物がでれば良いのになぁ・・・。説明書や公式ホームページでも、もちろん可。

 ただ体験版をプレイしたらかなり面白かったので、推理アドベンチャーが好きな人や、犯人を必ず捕まえられる自信がある人ならお勧め。

 もし難易度が高すぎて一人ではクリアーできなくても、攻略サイトでも見れば良いわけだしね。

B002QEAYBS
クロウカシス 七憑キノ贄 予約限定版

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

びんかんアスリート 「そ、そこダメっ! ・・・・・・おしお噴いちゃうっ! 」

ストーリー
 主人公・持田茂(もちだ しげる)は普通の大学生。学生時代から身体を動かすのが好きでスポーツは何でもこなせるが、体育会系の付き合いが苦手で近所の有名なスポーツジムでバイトをしながら身体を鍛えていた。

 そんなある日、女性の同僚マッサージ師・西原文子(さいばら あやこ)がいきなり茂を捕まえ「これは、百万人に一人の黄金の指だわ! 貴方には女性に潮を噴かせる天性の才能を持っているのよ!」と、彼の手を絶賛する。

 そしてマッサージ室に連れてこられた茂は、なぜかスポーツニュースでもお馴染みのビーチバレー選手・三輪朝香(みわ あさか)のマッサージをすることになるのだった。

 とにかくマッサージを始めると、朝香の頬はみるみる上気していき、やがて彼女の股間には大きな染みが。調子に乗った茂が股布に手を伸ばそうとすると、突然アラームが鳴り響きマッサージは中断されてしまう。

 潤んだ瞳で何も言わずに立ち去った朝香を見て後悔した茂は、自分にマッサージをさせた文子に文句を言いに行くのだが、逆に文子から「なぜ彼女をきっちりイカせてやらなかったのか?」と叱責され、押し倒されてエッチなトレーニングが始まるのだった。

 その後、マッサージを受けた朝香が大活躍したことで、女性アスリートたちが次々と主人公の元へ押しかけてくるのだが……。


 ビーチバレーがテレビや雑誌で取り上げられて人気が上がっていたから、どこかのメーカーがエロゲーの題材にするだろうと思ってた。

 そして、予想通りマリンからビーチバレーの選手とHができる「びんかんアスリート 「そ、そこダメっ! ・・・・・・おしお噴いちゃうっ! 」」が発売される。

 体験版がダウンロードできるようになったので、ちょっとプレイしてみたが、ストーリーがかなり無茶しすぎだった。上に書いてあるストーリー内容を読んでもらえればわかると思う・・・。

 上に書かれているストーリーはプロローグの内容で、プロローグが終わると女性キャラクターを選択できる普通のAVGになっている。

 ちなみに、体験版では二日目までプレイすることができた。

 一日目は「三輪 朝香 (みわ あさか)」しか会うことができないが、二日目はバレーボール選手「大山 恵(おおやま めぐみ)」と水泳選手「野村 詠美(のむら えみ)」のどちらかを選択することができる。

 どのキャラクターでも出会ってからすぐにマッサージを依頼され、すぐにおっぱいやアソコを触り、潮を噴かせるパターンは変わらず。もしかして、どの女性キャラクターでも同じパターンでいくのかもしれない。

 ただ、マッサージするとき、自分がしているスポーツのユニフォームなのはお約束かな。

 ゲームソフトのパッケージやゲーム開始のグラフィックなどはビーチバレーの選手だったので、メインはビーチバレー選手とエッチかと思ったが、どうやら女性アスリートとエッチがゲームの醍醐味みたいだ。

 ビーチバレーだけでなく、バレーボール・水泳・テニス・フィギュアスケート・柔道をしている女性も登場する。

 ストーリーには全く期待できないが、何も気にせず女性アスリートと明るくエッチ三昧が楽しみたいのなら、オススメだと思う。

 ただ発売される日が、2008年08月29日となっており、オリンピックにぎりぎり間に合わなかったのが、ちょっと残念だ・・・。

 もし、北京オリンピック期間中に発売されれば、

1.テレビでスポーツ観戦する

2.暇なのでついつい夢中で見る

3.なぜだか、急に悶々と・・・

4.代価品として通販で予約


 という、完璧な連続技が完成するはずだったのだが・・・。

びんかんアスリート 「そ、そこダメっ! ・・・・・・おしお噴いちゃうっ! 」
びんかんアスリート 「そ、そこダメっ! ・・・・・・おしお噴いちゃうっ! 」(Amazon)
発売元:マリン → 公式ホームページ

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

6人の女教師

ストーリー
 厄介な期末テストも終わり、待ちに待った冬休みがやってきた。
 成績低下しているだの将来のために勉強しろだのと、いつもぎゃーぎゃーとうるさい両親から離れて、友人と一緒にバイト、小旅行、そして合コン……
 冬休みのスケジュールは楽しいイベントでびっしり埋まっているのだ!

 エリートや教育家の多い親族の中で唯一落ちこぼれである俺の為を思ってか、
「学生の本分は勉強で~云々」
 だの
「学生の分際でバイトなんかしていないで勉強を~云々」
 とうるさかった両親も、俺の決意が固いのを知ったのか、最近は何も言ってこない。

 学力低下!? 将来のための勉強!? 優秀な人間!?
 そんなものに俺は興味は無いのだ。
 学生という短い青春時代を楽しく有意義に使わないと、後で後悔するって昔ばっちゃが言ってた(ような気がする)。

 ……ともかく、まあ、とりあえず今が楽しければ無問題なのだ!
 後の事なんて、その時考えても遅くはない……はず。
 意外と何とかなるもん……だと思う、多分。

━━━━そして、記念すべき休みの第一日目。
 俺は『私立教明学園』の前に立っている。
 ここは叔母が学園長を務める、優秀な研究者や有名人を数多く輩出した、地域で一番の名門校。
 母親に半ば無理矢理使いを押しつけられてしまったのだ。
 手土産の菓子折に目を落とし、小さくため息をつく。

「はあ……俺、あの叔母さんってちょっと苦手なんだよな……」

 ……まあいいや。
 面倒な事はさっさと済ませて、貰った小遣いでCDでも買おうと気楽に正門をくぐる俺。

 そう、俺は知らなかったのだ……
 無機質な校舎の奥に、あのような恐ろしい(!?)出来事が俺を待ちかまえていようとは━━━━


 2008年秋に発売される予定の「6人の女教師」は、BLACKPACKAGEお得意の、明るく元気にHするタイプのゲームだ。

 体験版では、分岐無しのプロローグと、三人の先生とHできるシーンを選択できる。

 まずプロローグだが、勉強を全くしない主人公が騙されて、叔母の尾崎雅恵(おざき まさえ)が学園長をしている名門校の私立教明学園に、冬休み中ずっと軟禁させられる所まで、プレイできる。

 ストーリーやシステムなど、いたって普通。某メーカーみたいにシステム名のインパクトだけで、ドンと引き付けるようにはなっていないみたいだ。ちょっと、残念・・・。

 さて、問題はHシーンだっ!

 隠語にピー音が入っていないため、かなり卑猥なHシーンを体験できる。お手軽にHできるのが売りだから、これでいいのかもしれない。

 Hシーンが終わると、Hしたキャラクターがわざわざ体験版用に収録した音声をしゃべるのには驚いた。三人ともしゃべっている内容は違うが、要約すると「本編を買えよっ!」になる。

 製作者からすれば、自分が作ったソフトが売れないと、生活に困るわけだから当たり前か。

 体験版をプレイした感想は、良く言えば安定している。悪く言えば普通すぎる・・・。購入するかどうかは、原画が好きかどうかで決めてかまわないと思う。

 ただ、登場する六人の女性キャラは全員先生(一人だけ理事長)なので、年上属性がないとつらいかもしれない・・・。

 女教師と聞くだけで、なぜか悶々とする人にオススメかな。

6人の女教師
6人の女教師
発売元:BLACKPACKAGE → 公式ホームページ

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

トナリの世界-踏み外した淫靡な日常-

ストーリー
 所属していた天文部が部員不足のため休部となってしまった。

 落ち込む主人公に対して、優しい言葉をかける担任教師の香奈枝の言葉も耳に入らなかった。

 気がつくと主人公はひそかに憧れている奈々子の働く喫茶店へと足を運んでいた。普段通りの奈々子の姿を見て一息つくものの、しばらくは立ち直れそうになかった。

 翌日、幼馴染の武士にも声をかけられる。しかし、武士と話をしていく内にとんでもない事を言い出しはじめる。

武士『まさかお前、今時ドーテー?』
武士『腐れ縁のよしみで俺がなんとかしてやるから、お前もセックスしてみろよ。気持ちいいぜー』

 爆発しそうな心臓を抑えながら、主人公は約束の時間に約束の場所へと向かう。

――本当に誰か待ってるのか……?

 疑惑が僕の胸の中で渦巻く。開けてみたら、引っかかってやんの~。と、武士が笑い転げるんじゃないんだろうか?

――まさか、武士のをしゃぶりながら待ってるなんて事は無いよな。

 空き教室のドアの前でしばらく迷った末、決心してドアに手をかけた。

 教室のドアを開けた途端、僕の目に飛び込んできたのは、全裸の香奈枝先生が武士のモノをしゃぶっている姿だった。

 わけがわからず思考が停止する。

 ただ本能のみが働き、香奈枝と初体験を終えた主人公だったが、普段の態度からは想像もできないような香奈枝にくらくらしてしまう。

 いつのまにか自分の知らない世界に迷い込んでしまったのか……?

 そうとしか思えない周囲の変貌ぶりに、主人公は自分を見失っていく。

 翌日、教室の様子は今までとまるで変わっていないように見える。いままで、僕が知らなかっただけなのか……?

 知らないうちに『トナリの世界』へと足を踏み入れてしまった主人公は、苦悩しながらも、周囲の女性達に向けて解放された性欲をぶつけていく。


 毎月、二十本以上ものエロゲーが発売されているため、内容も調べずにスルーしてしまう作品が多い。

 もし、体験版をダウンロードしてプレイしなければ、「トナリの世界-踏み外した淫靡な日常-」も、確実にスルーしていた作品だった。

 ストーリーを簡単に説明すると、普通に学校に通っていた主人公が、あるとき「トナリの世界」という、変わった世界に迷い込んでしまう。

 「トナリの世界」は、朝起きたら、学校へ行って勉強しなければならないなど、今までいた日常とほとんど変わらない。

 変わっているのは、家族や同級生などが、Hになったことだけ。普通なら休み時間には友達と、はまっているドラマの話やゲームの話をしている男子・女子生徒が、セックスの話しかしなくなる。

 それから、母親や姉、担任の先生や同級生などと、めくるめくるH三昧の生活が始るのだ。

 このゲームの一番気に入ったところは、Hが終わったあとの行動かな。例えば、休み時間に同級生の本庄 恵理(ほんじょう えり)とHしたあと、次の授業が図書室に移動のため、すぐに後片付けをするなど、普通の生活を忘れていないのが面白い。

 また、休み時間に尋ねてきた主人公の母親の藤川 雪絵(ふじかわ ゆきえ)が、本庄 恵理に自分の息子とHしたかどうか尋ねるシーンも良かった。

 それから主人公を交えて3Pが始るのだが、終わると次の授業の体育が始っている時間になっていた。すると、すぐに現実に戻り、急いで教室を飛び出すなど、Hが終わった後のバリエーションが多そうだ。
 
 ちょっと気になった部分が二箇所。まずはセリフの表示。システムでテキスト速度を一番速い「fast」に設定しても、一画面に出るセリフが何回かに分かれて表示されるために、そんなに速くなかったこと。

 もう一つは、普通の日常から「トナリの世界」へ行ったときの描写。どうやら、趣味の天体観測のために、望遠鏡を覗いているときに「トナリの世界」へ入ったみたいだが、よく分からなかった所かな。

 多分、好みが分かれるだろうが、Hシーンがエロエロでかなり面白かった。やっぱり、時間があれば、体験版やデモムービーを見るべきだなぁ・・・。

 意外と、掘り出し物が見つかる。見つからないことも多いけど、頑張って探してみせるっ!!!

※追記
 この体験版をプレイして、ひさしぶりにあるゲームを思い出した。May-Be Soft(メイビーソフト)から発売された「歪み」だ。

 もう十年前以上前に発売されたソフトで、「トナリの世界-踏み外した淫靡な日常-」と比べるとCGなんて全然別物。

 ただ、なんていうかシナリオの雰囲気が、なんとなく似ている気がする。

 Hシーンに入るまで、普通の日常っぽく淡々と進み、Hが終わると、また普通の日常に戻るあたりがなんとなく・・・。

 普通は「歪み」なんてマイナーなゲームなんて、知らないかなっ!
 
トナリの世界-踏み外した淫靡な日常-
発売元:LoveJuice → 公式ホームページ

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

妻の母さゆり

ストーリー
 主人公はどこにでもいる平凡なサラリーマン。ところが、新婚早々妻に浮気をされて逃げられてしまう。

 妻のいなくなった新居で打ちひしがれていた主人公に手を差し伸べてくれたのは、妻の母・さゆりだった。

 主人公と同じように傷ついているには違いないのに

 「私が娘の『代わり』を務めますから……どうか……」

 そう自分を気遣う義母を、主人公は責める気にはなれなかった。子供の頃から年上の女性への憧れが強かった主人公にとって優しく淑やかな義母は理想の女性だった。

 いくら義理の母とは言え、美しい年上の女性と二人きりで過ごすうちに主人公はどんどんと義母に惹かれていく。そして、それは義母も同じ気持ちだった。

 「言ったでしょ? 娘の『代わり』を務めますから……って……」

 このひと言が、全ての始まりだった。


 このゲームをプレイすると、絶対に結婚したいと思わなくなるだろう。せっかくローンを組んで新居を購入したら、自分の奥さんがいきなり浮気をして、他の男と駆け落ちをするのだから・・・。

 しかも、奥さんが浮気した相手は、主人公が勤めている会社の取引先で働いていた男だった。そのため、会社に抗議の電話が来て、奥さんに逃げられたことが同僚全員にバレてしまう。

 主人公が自暴自棄になって、酒に溺れてしまうのもしかたがないだろう。

 そんな主人公に、さらなる不幸が襲うっ!

 駆け落ちした男の奥さんである「朝比奈 静江」(あさひな しずえ)が、旦那がいなくなったのは主人公のせいだと勘違いし、わざわざ家まで殺そうとやって来るのだ。

 結局、「朝比奈 静江」と和解し、一緒に住もうと提案した結果、義理の母親「五十川 さゆり(いそかわ さゆり)」と叔母「二階堂 藤乃(にかいどう ふじの)」合わせて四人の同棲生活が始った所で、体験版は終了した。

 最初は不幸続きだった主人公だが、三人もの美人な女性と一緒に同居できるようになった。世間から見ると、立派な勝ち組である。

 そして、今プレイしているゲームは、どっから見てもエロゲー。

 購入した新居は、ハーレム状態になったといっても過言ではないっ!

 後はHしまくるのみ。体験版では本編のプロローグとは別に、登場するキャラクターのHシーンが一つだけ楽しめるようになっていた。実際にプレイしてみると、かなり濃厚なHシーンが繰り広げられる。

 またホームページにあるサンプルCGを見る限り、3Pもあるみたいだ。

 ちょっと熟女成分が高いので、ウブな女の子にHを教えるより、最近は全くHをしてない年上の女性にあの快感を思い出させることが好きな人向けかな。

妻の母さゆり 初回限定版
妻の母さゆり 初回限定版
発売元:CATTLEYA → 公式ホームページ

体験版で満足 | Trackback(-) | Comments(-)

Copyright © エロゲーライフ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。